アニメ

【ダイヤモンド・パール編】絶望から確立した戦闘スタイル!圧倒的な耐久を持つ常緑木立!サトシのハヤシガメの戦績をご紹介!【アニメ】

第1戦:ドンカラス/敗北

第100話のシンジ戦。ドンカラスはいきなり大技ゴッドバードの攻撃準備に入る。ナエトルは攻撃される前にエナジーボールを直撃させてダメージを与えた。大したダメージがないドンカラスはゴッドバードで突っ込んで来るが、ナエトルはこの攻撃を回避。ドンカラスは続けてつじぎりで攻撃してきた。ナエトルはかわしてはっぱカッターで攻撃しようとしたが、旋回してきたドンカラスのつじぎりをくらって吹っ飛ばされる。さらにナエトルはドンカラスはつばめがえしを連続でくらって体はボロボロになった。しかし、ここでナエトルの負けたくないという思いが溢れかえったのか、いきなりハヤシガメに進化した。ドンカラスVSハヤシガメという構図になりバトルは再開。ドンカラスが先につばめがえしで突っ込んでくる。ハヤシガメはかわしてエナジーボールを撃とうとしたが、攻撃する前にドンカラスの攻撃をくらってダメージを受けた。次にドンカラスはゴッドバードの準備にはいる。ハヤシガメはかみつく攻撃をしようとするが、足を滑らせて倒れ込んでしまう。隙ができたハヤシガメにドンカラスが攻撃を開始。ハヤシガメは動こうとするがまたもや体制を崩してしまい、ゴッドバードをモロにくらった。身動きできないハヤシガメは、最後はドンカラスのあくのはどうでトドメを刺されて戦闘不能になった。

第2戦:ニューラ(スズナ)/勝利

第127話のキッサキジム戦。フィールドは氷。ハヤシガメはエネジーボールを撃って攻撃。ニューラはスケートのように床を滑ってかわし、そのまま接近してこごえるかぜを浴びせ続けた。ハヤシガメは顔を歪めて耐え続け、ニューラがみだれひっかくで攻撃してきたタイミングを見計らってはっぱカッターで攻撃。ニューラは攻撃をくらって吹っ飛ばされて、氷の足場に着地する。ハヤシガメはロッククライムでニューラを追い、体当たりして戦闘不能にした。

第3戦:ユキノオー(スズナ)/敗北

第127話のキッサキジム戦。ハヤシガメはロッククライムで突っ込んでいく。しかし、ウッドハンマーで叩き潰されて戦闘不能になった。

第4戦:エレブー(シンジ)/勝敗無し

第131話のシンジとのフルバトル。ハヤシガメはエネジーボールを撃つ。エレブーはひかりのかべで攻撃を防御。ここでエレブーはボールに戻された。

第5戦:ドンカラス(シンジ)/敗北

第131話のシンジとのフルバトル。ハヤシガメははっぱカッターで攻撃。ドンカラスは攻撃をかわしてつじぎりを叩き込んでくる。ハヤシガメは攻撃を耐えてエナジーボールで反撃。しかし、ドンカラスはエレブーが出現させたひかりのかべによってほぼノーダメージ。ドンカラスはくろいきりで姿をくらませにきた。視界が悪いハヤシガメは霧に向かってはっぱカッターを飛ばすが、ドンカラスにはあたらず、逆につじぎりをくらってしまった。ハヤシガメはダメージが蓄積してきたため、一旦こうごうせいで体力を回復する。ドンカラスはハヤシガメが体力を回復している隙を狙ってゴッドバードで突っ込んできた。ハヤシガメはロッククライムで迎え討とうとするが、攻撃に耐えきれず戦闘不能になった。

第6戦:ドサイドン(クロツグ)/敗北

第141話のフタバタウンのイベント戦。ハヤシガメはエナジーボールを直撃させる。ドサイドンは平然と立っており、ノーダメージにおわる。今度はドサイドンがロックカットで素早さを上昇させる。ハヤシガメははっぱカッターで攻撃するが、ドサイドンが素早過ぎて当たらない。ドサイドンはすなあらしを巻き起こし、ハヤシガメを閉じ込めてから、がんせきほうを直撃させる。ハヤシガメは徐々にダメージを受けるが、ここで一旦光合成で体力を回復してはっぱカッターですなあらしをかき消した。砂嵐から脱出すると、ドサイドンがメガホーンで突っ込んでくる。ハヤシガメはギリギリまで引きつけてエネジーボールで返り討ちにしようとした。エネジーボールはタイミングを外してしまい力負けするが、ここで思わぬ事態が発生する。技の衝突で跳ね返ってきたエネジーボールがハヤシガメの口の中に入ったことで、ハヤシガメがパワーアップしたのだ。そんなことは御構い無しにドサイドンはがんせきほうを発射してくる。ハヤシガメは発射された岩石をかわしてロッククライムでドサイドンを吹っ飛ばした。さらに一気に勝負を決めるために、ハヤシガメはドサイドンを力で押しまくった。ドサイドンも負けじと攻撃に耐えて互いに力くらべとなる。両者一歩も引かず膠着する中、ドサイドンは渾身のがんせきほうをハヤシガメに叩き込んできた。ハヤシガメはこの攻撃で戦闘不能になって敗北した。

第7戦:ヒノアラシ(ヒカリ)/勝敗無し

第144話のサトシとの練習試合。ハヤシガメははっぱカッターで攻撃。ヒノアラシにかわされて、かえんぐるまでダメージをくらう。ハヤシガメはエナジーボールで反撃。ヒノアラシにかわされて、今度はスピードスターをくらった。ハヤシガメはもう一度はっぱカッターで攻撃。ヒノアラシにまたもや回避されて、えんまくで視界を悪くされてからスピードスターで吹っ飛ばされた。ハヤシガメは攻撃を耐え続け、ここでロッククライムで攻撃。ここでヒノアラシに初めて攻撃をくらわせて吹っ飛ばす。だがヒノアラシはすぐに立ち上がって攻撃体制に入っててくるが、ヒノアラシが初めてのバトルだったこともあり、審判のタケシがバトルをストップしたため勝敗は無しとする。

第8戦:レントラー(デンジ)/勝敗無し

第166話のナギサジム戦。ハヤシガメがはっぱカッターを撃つ。レントラーはかわして、スパークで攻撃。ハヤシガメはあまりの威力に押し戻されてしまう。ハヤシガメが気合いを入れた瞬間にジムが停電したためバトルは中断する。

サトシのハヤシガメの戦闘シーンを無料で視聴する方法

アニメ版ポケットモンスターを全シリーズ視聴できるのはAmazonプライム・ビデオだけ!

無料期間の30日間だけ利用して解約すれば、ポケモンのアニメを全話無料で見ることができます。

あなたにも好きなポケモンや忘れられないストーリーがありますよね?

この機会にあなたの思い出のあの回や、神回とも言われる感動回を見直してみませんか?

ポケモン達の姿を間近で見ることで、誰よりもポケモン愛が強くなりますよ!

まとめ

第1戦 ナエトル→ハヤシガメ – ドンカラス
第2戦 ハヤシガメ – ニューラ
第3戦 ハヤシガメ – ユキノオー
第4戦 ハヤシガメ – エレブー 勝敗無し
第5戦 ハヤシガメ – ドンカラス
第6戦 ハヤシガメ – ドサイドン
第7戦 ハヤシガメ – ヒノアラシ 勝敗無し
第8戦 ハヤシガメ – レントラー 勝敗無し

通算成績:1勝4敗0分
勝率:0.200