アニメ

【アドバンスジェネレーション編】サトシのホウエンリーグ・サイユウ大会の結果まとめ【アニメ】

目次

会場

サイユウシティ

詳細

予備選

・予備選の出場者は約600名
・使用ポケモンは一体であらかじめ登録が必要
・勝者の256名は予選トーナメントに進む

予選トーナメント

・ルールはダブルバトル
・256名から勝ち残った32名が決勝トーナメントに進むことができる。

決勝トーナメント

・6VS6のシングルバトル
・バトルフィールドは岩、草、水、氷の四種類からルーレットで選ばれる
・どちらかのポケモン3体が戦闘不能になった時点でインターバルをとりフィールドチェンジが行われる
・どちらかのポケモン6体が戦闘不能になった時点で勝敗が決まる

予備選:ゲンキ|勝利

ピカチュウ – サワムラー

ピカチュウはサワムラーの回し蹴りをかわしてアイアンテールを叩き込む。サワムラーは立ち上がってとびひざげりで反撃してくる。ピカチュウはこれをでんこうせっかでかわしてサワムラーを自滅させた。ピカチュウは苦悶の表情を浮かべるサワムラーに突っ込んでいく。サワムラーはメガトンキックで迎え撃つが、ピカチュウが攻撃をくらいながらアイアンテールで攻撃して戦闘不能にした。

予選トーナメント1回戦:トモノ|勝利

コータス&ヘイガニ – トロピウス&マルノーム

トロピウスは上空からはっぱカッターで攻撃をしてくる。これをコータスはてっぺき、ヘイガニはかたくなるで防御。トロピウスはタネマシンガンでコータスを攻撃。コータスはてっぺきで防御し続けた。今度はマルノームがヘドロバクダンでヘイガニを攻撃してくる。ヘイガニはかたくなるで防御するが少し押され気味に。そしてトロピウスがかぜおこしでコータスを攻撃するが、コータスは踏ん張ってかえんほうしゃで反撃した。苦悶の表情を浮かべるトロピウスに、ヘイガニはとどめのオーバーヒートを放つがこの攻撃を回避される。その間にマルノームがヘイガニにのしかかり。ヘイガニは攻撃をかわしてマルノームにバブルこうせんで攻撃するが、伸縮自在のボディに全て弾かれた。これによりトロピウスに集中攻撃作戦に切り替える。コータスはかえんほうしゃ、ヘイガニはバブルこうせんで攻撃。トロピウスはダメージをくらいつつもソーラービームの発射準備に取り掛かる。トロピウスがパワーを溜めている好きに、コータスはかえんほうしゃ、ヘイガニはクラブハンマーをトロピウスに直撃させる。しかしトロピウスのパワーが溜まりソーラービームがコータスに襲う。コータスはかえんほうしゃで対抗して、互いの攻撃が衝突。トロピウスとコータスは吹っ飛ばされて同時に戦闘不能になった。残るはマルノームとヘイガニ。マルノームがヘイガニにでんげきはを浴びせ、さらにのしかかりで畳み掛ける。ヘイガニはクラブハンマーでマルノームを吹っ飛ばすがマルノームは攻撃を受け流してシャドーボールでヘイガニをダウンさせた。ヘイガニは瀕死の状態に陥るが、ここで接近戦に持ち込むために突っ込んで行く。マルノームはでんげきはで返り討ちにしようとするも、ヘイガニはハサミででんげきを受け止めながら突っ切ってマルノームのひげを掴んで投げ飛ばした。さらにマルノームの口の中にバブルこうせんで攻撃して戦闘不能にした。

予選トーナメント2回戦:トレーナー名不明|勝利

※2回戦はカットされた

予選トーナメント3回戦:ヒュウガ|勝利

オニゴーリ&ジュプトル – リザードン&マグマラシ

まずはジュプトルはリザードンにはたく、オニゴーリはマグマラシにずつきで攻撃。それに対してリザードンはねっぷう、マグマラシはかえんぐるまで攻撃。両者攻めから入ったがジュプトルにかえんほうしゃ、オニゴーリにかえんぐるまがヒット。オニゴーリはこごえるかぜで反撃するが効果はいまひとつ。リザードンはジュプトルにはがねのつばさ、マグマラシはオニゴーリにでんこうせっかで攻め込んでくる。ジュプトルはギリギリまで引きつけてかわすが、オニゴーリは攻撃をくらってしまう。サトシはここでジュプトルははたく、オニゴーリはずつきでマグマラシに集中攻撃する作戦に出る。ダメージは与えたがリザードンとマグマラシはすぐに反撃し、ねっぷうとでんこうせっか攻撃してきた。ジュプトルはオニゴーリをガードしてその後ろからこごえるかぜを放った。リザードンのねっぷうとオニゴーリのこごえるかぜが衝突してだいばくはつが怒る。その隙にジュプトルはマグマラシをはたくで吹っ飛ばして戦闘不能にした。しかし1匹になったリザードンははがねのつばさでジュプトルを戦闘不能にしてすぐさま戦況を同等に戻す。さらにその勢いのままオニゴーリにかえんほうしゃを放ったがオニゴーリは地面にれいとうビームを撃って氷の柱を出現させて防御。それを見たリザードンは上空からはがねのつばさで攻撃。オニゴーリはかげぶんしんで回避しようとするが、リザードンは全ての分身に攻撃を当ててオニゴーリを吹っ飛ばした。勝負は決まったかのように思われたがオニゴーリは吹っ飛ばされた勢いを利用して強烈なずつきで反撃。この一撃でリザードンは戦闘不能になった。

決勝トーナメント1回戦:カエデ/岩のフィールド→草のフィールド|勝利

コータス – ゴルダック

ピカチュウ – ダグトリオ

オニゴーリ – ダグトリオ

オニゴーリ – ムウマ

ヘイガニ – ゴルダック

オオスバメ – モルフォン

オオスバメ – ハッサム

オオスバメ – トドゼルガ

ヘイガニ – トドゼルガ

ジュプトル – トドゼルガ

コータス – ゴルダック

コータスはのしかかりで攻め込むがゴルダックのハイドロポンプに吹っ飛ばされる。さらにゴルダックのみだれひっかきで追撃を受けて戦闘不能になった。

ピカチュウ – ダグトリオ

ピカチュウはでんこうせっかで攻め込むが、ダグトリオは地面に潜って回避。さらにダグトリオはすなじごくでピカチュウを引きずり込んですてみタックルで攻撃。ピカチュウはアイアンテールで迎え撃とうするが、足元が不安定でパワーを出しきれずに力負けする。その結果ピカチュウは吹っ飛ばされて戦闘不能になった。

オニゴーリ – ダグトリオ

ダグトリオはあなをほるで地面に潜ろうとする。しかしオニゴーリは地面にずつきをして引きずり出し、ダグトリオの姿が現れた瞬間にれいとうビームで攻撃してあっさり勝利した。

オニゴーリ – ムウマ

オニゴーリはいきなりれいとうビームで攻撃。ムウマは構わずれいとうビームに突っ込んできたため、ずつきで返り討ちにしてあっさり戦闘不能にした。しかしムウマはずつきの直前にみちづれを使用したため、オニゴーリも戦闘不能になった。

ヘイガニ – ゴルダック

バトル開始直、ヘイガニのクラブハンマーとゴルダックのみだれひっかきのぶつかり合う。両者一歩も引かない中、ゴルダックがハイドロポンプに攻撃を切り替える。ヘイガニはかわしてクラブハンマーで攻め込んだ。ゴルダックは突っ込んできたヘイガニをねんりきで投げ飛ばして混乱させる。ヘイガニは混乱して踊り出してしまったが、混乱したままゴルダックにクラブハンマーを叩き込んだ。ゴルダックはみだれひっかきで反撃に向かうがヘイガニはこれも混乱したまま投げ飛ばし、さらにはバブルこうせんで追撃してまさかの勝利を見せた。

オオスバメ – モルフォン

モルフォンはしびれごなでオオスバメの動きを止めにきた。オオスバメは猛スピードでかわしてつつくで攻撃。モルフォンは攻撃を受けつつもかなしばりでつつくを封じる。オオスバメはつつくを封じられても、もう一つのひこう技つばめがえしでさらにダメージを与えた。モルフォンはちょうおんぱでオオスバメを混乱させにきたが、オオスバメはでんこうせっかでかわしながらモルフォンにたいあたりして海中に叩き込んだ。この一撃でモルフォンは戦闘不能になった。

オオスバメ – ハッサム

モルフォンはしびれごなでオオスバメの動きを止めにきた。オオスバメは猛スピードでかわしてつつくで攻撃。モルフォンは攻撃を受けつつもかなしばりでつつくを封じる。オオスバメはつつくを封じられても、もう一つのひこう技つばめがえしでさらにダメージを与えた。モルフォンはちょうおんぱでオオスバメを混乱させにきたが、オオスバメはでんこうせっかでかわしながらモルフォンにたいあたりして海中に叩き込んだ。この一撃でモルフォンは戦闘不能になった。

オオスバメ – トドゼルガ

オオスバメはトドゼルガにでんこうせっかで攻撃するが、あまりの防御力に弾かれてしまう。トドゼルガは反撃でれいとうビームを撃つ。オオスバメはギリギリでかわしてつつくで攻撃。トドゼルガは水に潜って回避して、オオスバメの背後かられいとうビームを直撃させる。オオスバメはこの一撃で戦闘不能になった。

ヘイガニ – トドゼルガ

トドゼルガはいきなりのしかかりで襲いかかってくる。ヘイガニはバブルこうせんで迎え撃とうとするが、トドゼルガは物ともせずヘイガニに攻撃を直撃させる。ヘイガイは前のバトルの疲労も残っており、この一撃で戦闘不能になった。

ジュプトル – トドゼルガ

トドゼルガは先手でれいとうビームで攻撃をしてくる。ジュプトルはかわしてリーフブレードで攻め込むが、トドゼルガに水に潜られて回避された。トドゼルガは水中から飛び出してれいとうビームを放ってくる。ジュプトルは攻撃を受けてダウンしたが、すぐさま立ち上がって海面にリーフブレードを叩き込んだ。その衝撃でトドゼルガは水中から引きずり出され、しかしトドゼルガはそんな状況に怯むことなくれいとうビームで反撃。ジュプトルは攻撃をかわして、トドゼルガのれいとうビームを利用して水面を凍らせることに成功する。これによりトドゼルガは水中に潜ることができなくなって自ら不利な状況を招いた。ジュプトルはでんこうせっかでトドゼルガを吹っ飛ばす。トドゼルガはモノマネを使ってでんこうせっかでジュプトルを吹っ飛ばし返す。それでもジュプトルはリーフブレードを叩き込んで攻め続ける。トドゼルガも負けじとのしかかりで飛びかかってきた。ジュプトルはかわしてタネマシンガンで攻撃。トドゼルガはダメージをくらいつつれいとうビームで攻撃。ジュプトルはまたもやでんこうせっかでかわしてつつトドゼルガにダメージを与える。トドゼルガはダメージが蓄積していくが、ここで接近戦に持ち込むためにでんこうせっかでジュプトルに突っ込んできた。ジュプトルもそれに応えるように接近して真っ向勝負を挑んでいく。ジュプトルは体格に差があり接近戦は無謀かと思われたが、ギリギリのところでトドゼルガをかわしてリーフブレードをしたから叩き込んでトドゼルガを吹っ飛ばした。この一撃でトドゼルガは戦闘不能になってジュプトルは勝利した。

決勝トーナメント2回戦:マサムネ/氷のフィールド→草のフィールド|勝利

ヘイガニ – キリンリキ

ヘイガニ – ガーディ

ヘイガニ – ラグラージ

ピカチュウ – ハガネール

コータス – ハガネール

ジュプトル – ハガネール

ジュプトル – グライガー

オオスバメ – グライガー

オニゴーリ – メタング

ヘイガニ – キリンリキ

まずヘイガニははさむ攻撃で襲いかかる。キリンリキはひかりのかべを張ったが、はさむは物理技だったためダメージを受けた。キリンリキは反撃でたいあたりで突っ込んでいく。ヘイガニは氷ステージの地形を利用して地面を滑って回避して、もう一度挟む攻撃。キリンリキはジャンプして回避するが、氷で滑って転んでしまった。そしてヘイガニはその隙をついてまたもやはさむをくらわせた。キリンリキはかなりダメージを負いながらもアイアンテールで攻撃。ヘイガニは難なくかわしてクラブハンマーを叩き込んでキリンリキを戦闘不能にした。

ヘイガニ – ガーディ

ヘイガニは連続でバブルこうせんで攻撃するが、ガーディのこうそくいどう避けられる。しかしガーディは追撃を避けられず氷の柱に衝突して倒れこんでしまった。その隙にヘイガニがクラブハンマーを叩き込んでガーディを戦闘不能にした。

ヘイガニ – ラグラージ

ヘイガニはクラブハンマー、ラグラージはきあいパンチで攻撃。互いの技が激突して爆発を引き起こした。続けてヘイガニのバブルこうせんとラグラージのハイドロポンプが衝突。両者のパワーが互角のまま試合が進み、またもやヘイガニのクラブハンマーとラグラージの気合いパンチが激突する。両者技をくらいあって同時に戦闘不能になったためバトルは引き分けになった。

ピカチュウ – ハガネール

ハガネールが先手でりゅうのいぶきを放ってきた。ピカチュウはでんこうせっかでかわすもアイアンテールで吹っ飛ばされる。さらにハガネールはあなをほるで地面に潜って畳み掛ける。ピカチュウもアイアンテールで反撃するも、また地面に潜られて当てることができない。ハガネールはさらにあなをほるで猛攻を続けたが、ピカチュウは地面から飛び出したところをでんこうせっかで攻撃してとうとうダメージを与える。そして互いのアイアンテールがぶつかり合ったが、ピカチュウがここで力負けして戦闘不能になってしまった。

コータス – ハガネール

コータスはハガネールのりゅうのいぶきをてっぺきで防御する。そしてそこからオーバーヒートで反撃するも、ハガネールもりゅうのいぶきで攻撃してきた。互いの技が激突するもここはコータスが力勝ちしてハガネールにダメージを与える。コータスは続けてかえんほうしゃで畳み掛けるが、ハガネールはもう一度りゅうのいぶきで対抗し、今回は互角だった。技の衝突で発生した砂煙に紛れてハガネールはあなをほるで地面に潜る。コータスはてっぺきで身を固めるがあなをほるをくらって甲羅から出てしまい、その隙ができたところをハガネールにりゅうのいぶきで狙い撃ちされて戦闘不能になった。

ジュプトル – ハガネール

ハガネールはいきなりアイアンテールを叩き込んでくるが、かわしてタネマシンガンで攻撃。ハガネールは地面に潜って攻撃を回避して、飛び出た直後にりゅうのいぶきを吐き出す。ジュプトルはりゅうのいぶきを突っ切ってリーフブレードで攻撃してハガネールを戦闘不能にした。

ジュプトル – グライガー

ジュプトルはでんこうせっかで突っ込んでいくも、グライガーに攻撃をかわされた。攻撃をかわしたグライガーははがねのつばさで攻撃を試みる。これをジュプトルは草むらに入って回避しつつ、グライガーにタネマシンガンを命中させる。グライガーはダメージを受けつつも再びはがねのつばさで攻め込んだ。ジュプトルはもう一度草むらに隠れてタイミングを計ってグライガーの背中に飛び乗った。グライガーはジュプトルを振り落としてハサミギロチンで攻撃しようとしたが、ジュプトルはタネマシンガンでグライガーを迎撃しようとした。しかしグライガーにタネマシンガンを避けられて攻撃をくらってしまい戦闘不能になった。

オオスバメ – グライガー

グライガーはハサミギロチンで一気に勝負を決めにきた。オオスバメはこれをかげぶんしんでかわしてつつくで攻撃。グライガーはこれをかわしてアイアンテールで攻撃。オオスバメはでんこうせっかで攻撃をかわすが、その後のグライガーのめざめるパワーをくらってしまう。しかしなんとか持ちこたえてつばめがえしで反撃する。グライガーははがねのつばさで迎え撃ったがパワーは両者互角だった。その後オオスバメはつばめがえし、グライガーははがねのつばさで再び激しい激突を見せる。さらに2匹はもう一度つばめがえしとはがねのつばさで激突した結果、両者が同時に戦闘不能になって引き分けになった。

オニゴーリ – メタング

オニゴーリはずつき、メタングはとっしんでぶつかり合うがオニゴーリが力負けする。オニゴーリは態勢を立て直してれいとうビームで攻撃するが、ねんりきで跳ね返されたうえにまたもやとっしんをくらってしまった。ここでオニゴーリはもう一度れいとうビームを撃ったが、またもやねんりきで跳ね返される。しかし今回は跳ね返ったれいとうビームをこごえるかぜで押し返して冷気を浴びせることに成功。そこからオニゴーリはずつきで攻撃してメタングを吹っ飛ばした。メタングはダメージを受けるが、すぐさまコメットパンチで反撃。両者がダメージを受ける中、勝負はずつきとコメットパンチの真っ向勝負になる。その結果オニゴーリのずつきがメタングに命中して、この一撃が決定打になりオニゴーリの勝利となった。

決勝トーナメント3回戦:テツヤ/草のフィールド→岩のフィールド|敗北

オニゴーリ – ジュカイン

コータス – ダーテング

コータス – ハリテヤマ

ヘイガニ – ハリテヤマ

オオスバメ – ハリテヤマ

オオスバメ – ドンファン

オオスバメ – メタグロス

ジュプトル – メタグロス

ピカチュウ – メタグロス

ピカチュウ – ニャース

オニゴーリ – ジュカイン

バトル開始直後にオニゴーリのれいとうビームとジュカインのソーラービームが激突する。その結果互いに大爆発に巻き込まれて両者戦闘不能になった。

コータス – ダーテング

コータスはかえんほうしゃで攻撃するが、ダーテングに回避されメガトンキックで反撃を受ける。さらにダーテングはシャドーボールで畳み掛けにきた。コータスはダメージを受けつつ、かえんほうしゃでダーテングを追って直撃させる。ダーテングはこのかえんほうしゃで戦闘不能になった。

コータス – ハリテヤマ

コータスはいきなりかえんほうしゃで攻撃。しかしハリテヤマはかえんほうしゃを物ともせずにツッパリで突っ込んできた。そしてその勢いのままかわらわりを叩き込んできて、この一撃でコータスは戦闘不能になった。

ヘイガニ – ハリテヤマ

ヘイガニはバブルこうせんで攻撃。ハリテヤマはかわしてかわらわりで攻め込んできたが、ヘイガニもかわしてクラブハンマーで攻撃する。しかしハリテヤマが放ってきたきあいパンチに力負けして戦闘不能になった。

オオスバメ – ハリテヤマ

オオスバメはつつくで突っ込んで行く。ハリテヤマはこれを真剣白刃取りで受け止めて岩に叩きつけられる。オオスバメはすぐに立ち上げって、つばめがえしで攻め込んだ。ハリテヤマはきあいパンチで迎え撃とうとするが、オオスバメのスピードに負けて攻撃が直撃する。この攻撃が決定打となり、オオスバメは勝利した。

オオスバメ – ドンファン

ドンファンはフィールド上にすなあらしを発生させる。オオスバメは羽ばたいて砂煙を振り払ったが、その瞬間ドンファンのころがるをくらってダウンしてしまう。さらにドンファンは転がり続けてオオスバメを瀕死状態までもっていくが、とどめのころがるをオオスバメは両足で受け止めた。そしてそこからドンファンを投げ飛ばして戦闘不能にした。

オオスバメ – メタグロス

オオスバメはいきなりメタグロスのサイコキネシスをくらってしまう。なんとか逃げようとするも身動きができず苦悶の表情を浮かべた。なんとかでんこうせっかで攻め込んだが、メタグロスの防御力があまりにも高くて弾き返されてしまう。さらにそこからメタグロスのはかいこうせんをくらってしまい戦闘不能になった。

ジュプトル – メタグロス

ジュプトルはタネマシンガンで猛攻を続ける。メタグロスはダメージを受けるが、はかいこうせんで反撃してきた。しかしジュプトルはジャンプでかわして再びタネマシンガンで攻撃した後、リーフブレードでとどめを刺しにいった。勝負は決まったかのように思われたが、メタグロスの強力なコメットパンチをくらってしまい戦闘不能になった。

ピカチュウ – メタグロス

メタグロスはサイコキネシスを放ってくるが、ピカチュウはかわしてアイアンテールを叩き込む。さらにピカチュウはメタグロスにしがみついて強力なかみなりを浴びせて戦闘不能にした。

ピカチュウ – ニャース

ニャースは先手できりさくで飛びかかってくる。ピカチュウはかわして10まんボルトで攻撃。これをニャースは10まんボルト相殺して防御した。今度はピカチュウがかみなりで攻撃したが、これもニャースは10まんボルトで防御。ピカチュウは電撃は効かないと思いでんこうせっかで接近戦に持ち込もうとしたが、ニャースはかげぶんしんで攻撃を回避した後アイアンテールを叩き込んでくる。しかしピカチュウも負けじとアイアンテールを放って攻撃を防いだ。互いに攻撃の手を緩めることなく、ピカチュウのでんこうせっかとニャースのきりさくが激突。互いに一歩も譲らない攻防が続く中、ピカチュウがかみなりで攻撃してニャースが10まんボルトで防ぐという初回と同じ展開になる。ここで2匹は勝負を決めに再びアイアンテールで攻撃し合った。ここで初めて両者がダウンするが、両者ボロボロになりながらも立ち上がる。勝負は続行するかと思われたが、一度立ち上がったピカチュウが力尽きてしまいバトルはニャースの勝利となった。

ポケモンリーグ・サイユウ大会を無料で視聴する方法

アニメ版ポケットモンスターを全シリーズ視聴できるのはAmazonプライム・ビデオだけ!

無料期間の30日間だけ利用して解約すれば、ポケモンのアニメを全話無料で見ることができます。

あなたにも好きなポケモンや忘れられないストーリーがありますよね?

この機会にあなたの思い出のあの回や、神回とも言われる感動回を見直してみませんか?

ポケモン達の姿を間近で見ることで、今よりももっと大好きになれますよ!