アドバンスジェネレーション

【アドバンスジェネレーション編】驚異的な勝率を記録している泣き虫亀の子!ハルカのゼニガメの戦績をご紹介!【アニメ】

第1戦:フライゴン(シュウ)/敗北

第139話のシュウ戦。ゼニガメはいきなりたいあたりで攻撃するが、フライゴンは上空に飛んで回避。フライゴンは上空からはがねのつばさでゼニガメに向かって突っ込んでいき、ゼニガメはあわでフライゴンを迎え撃とうとする。しかしゼニガメの攻撃は当たらず、そのままフライゴンの攻撃を受けて吹っ飛ばされる。ここでゼニガメが号泣してしまいバトルは終わってしまった。

第2戦:クロバット(トレーナー不明)/勝利

第144話のポケモンコンテスト・ヤマブキ大会。あわであっさり勝利。

第3戦:ウツドン(トレーナー不明)/勝利

第144話のポケモンコンテスト・ヤマブキ大会。たいあたりであっさり勝利。

第4戦:アリアドス(ハーリー)/勝利

第144話のポケモンコンテスト・ヤマブキ大会。アリアドスは糸を天井にくっつけてぶら下がり、ゼニガメをこわいかおで怯ませる。ゼニガメは一瞬怯むがれいとうビームで反撃しようとするが、あまりの威力にひっくり返って失敗してしまった。身動きできないゼニガメはアリアドスの糸に捕まってピンチを迎える。さらにアリアドスはフィールドに糸を張り巡らせた後、その糸に向かってゼニガメを投げ飛ばしてゼニガメの動きを完全に封じた。アリアドスは隙だらけのゼニガメにとどめのすてみタックルで向かっていく。もはや成す術なしのゼニガメはこのまま負けてしまうかと思われたが、絡め取られている糸をクッションとして利用して一度失敗しているれいとうビームを放つ。攻撃はアリアドスに命中して氷り、逆に身動きできなくなったアリアドスに対してあわとたいあたりで畳み掛けてゼニガメが勝利した。

第5戦:ハッサム(ルナ)/勝利

166話の発明家の娘のお嬢様戦。ハッサムがスピードスターを放ってくるが、ゼニガメはからにこもるで防御しみずでっぽうで反撃。しかし、攻撃のスピードが遅くてハッサムに避けられる。ゼニガメは今度はれいとうビームで攻撃し、フィールドを凍らせて足場を滑りやすくしてハッサムの動きを止めた。足場が滑り身動きできないハッサムに、ゼニガメは氷の足場を利用した威力抜群のこうそくスピンで体当たりして勝利した。

第6戦:エアームド(トレーナー名不明)/勝利

第175話のポケモンコンテスト・カジノキ大会ファーストステージ。ゼニガメはエアームドが空中からはがねのつばさで突っ込んできたところをこうそくスピンで跳ね返す。その後のバトルはほぼカットされているが、最後はゼニガメのあわとエアームドのスピードスターが衝突したところでタイムアップし、ポイントが高いハルカの勝利となった。

第7戦:ジュペッタ(ムサシ)/勝利

第175話のポケモンコンテスト・カジノキ大会ファイナルステージ。ゼニガメはジュペッタにいきなりかみなりで大ダメージを負ってしまう。ゼニガメは地面に苦しそうに倒れこんだが、何とか立ち上がってれいとうビームで反撃してダメージを与えた。攻撃をくらったジュペッタはおにびで攻撃してくるが、ゼニガメはからにこもりながら回避。その後ゼニガメのあわとジュペッタのかみなりが衝突し、ゼニガメが力勝ちしてジュペッタにダメージを与える。しかし、ここでジュペッタはやつあたりでゼニガメを滅多打ちにして身動きできなくする。ゼニガメは防戦一方になったがこうそくスピンでジュペッタを回転させ振り払った。振り払われたジュペッタは今度は連続でおにびとかみなりを放ってくる。ゼニガメはこうそくスピンで攻撃を全てかわすことに成功し、その勢いのままジュペッタにたいあたりして吹っ飛ばした。ゼニガメはれいとうビーム。ジュペッタはやつあたりで勝負を決めにきたが、ここでタイムアップ。バトルは延長戦に突入する。

ジュペッタは先手でかみなりを放ってきたが、ゼニガメは回避してれいとうビームで攻撃。ジュペッタは攻撃をかわしておにびを乱れ打ち。ゼニガメはこうそくスピンからのあわでおにびを相殺に成功。互いに一歩もひかない中。ゼニガメはれいとうビームをジュペッタに当て、こうそくスピンからのたいあたりでジュペッタを吹っ飛ばしてバトルに勝利した。

第8戦:フライゴン&アブソル(シュウ)/勝利

第182話のグランドフェスティバルセカンドステージで、ワカシャモとタッグを組んだダブルバトル。ゼニガメはいきなりこうそくスピンでフライゴンに襲いかかる。フライゴンがすなあらしでこうそくスピンを受け止めようとしてきたが、ワカシャモがゼニガメの回転力を利用して大ジャンプ。空中からメガトンキックで攻め込むが、今度はアブソルがすなあらしの中からフラッシュを浴びせてきた。ワカシャモは目が眩んで隙ができてしまい、さらにアブソルのアイアンテールで吹っ飛ばされてしまう。ワカシャモとゼニガメは押され気味になるが、負けじとスカイアッパーとあわで攻撃。しかし、フライゴンとアブソルにかわされてダブルかまいたちで逆にダメージを負ってしまった。倒れこむ2匹にフライゴンのかえんほうしゃが襲いかかる。ワカシャモはほのおのうずで相殺したが、技がぶつかり合った衝撃が強く、互いに吹っ飛んでダメージを負った。

ここでフライゴンとアブソルが動き出す。フォーメンションドラゴンというフライゴンが上、アブソルが下となるポジションをとる。そこからアブソルがかまいたちを発生させて、フライゴンがりゅうのいぶきを重ねる強力なコンボ技を生み出した。ワカシャモとゼニガメはこの攻撃を避けようとするが広範囲のこの技に逃げ場がなく直撃してしまう。倒れこむ2匹に今度は、フライゴンがはがねのつばさ、アブソルがアイアンテールで襲いかかる。ワカシャモとゼニガメはほのおのうずとあわのコンボ技で返り討ちに成功。

アブソルがフラッシュで目を眩ませようとしてきたところに、ゼニガメはこうそくスピンで防御しながら突っ込んでいく。フライゴンがはがねのつばさでゼニガメを上空にかちあげる。ゼニガメは空中に投げ出されるがフライゴンの背後をとることに成功。このチャンスを生かしてあわで攻撃するが、アブソルがかまいたちで防御しにきた。これをワカシャモがほのおのうずでくい止める。ゼニガメのあわはフライゴンに命中、さらにれいとうビームで追撃してフライゴンを先頭不能にした。しかしゼニガメはすぐさまアブソルのアイアンテールで吹っ飛ばされて先頭不能になる。

互いに残り1匹となりここからバトルは最終局面になる。ワカシャモとアブソルが互いに技をぶつけ合い一歩も暇ない状況に。メガトンキック、アイアンテール、かまいたち、ほのおのうず、みずのはどう、と激しい攻防が続くが、ワカシャモが押され気味になった。ワカシャモは先頭不能寸前のピンチな状況になるが、ワカシャモがここで新技オーバーヒートを閃く。アブソルにオーバーヒートを連打するが、アブソルは一度はくらうが、その後は負けじとみずのはどうで防ぎフラッシュで反撃してきた。ワカシャモはフラッシュを回転して突っ込むことで防ぎ、至近距離から再度オーバーヒートを直撃させることに成功。会心の当たりかのように思えたが、この技は使うたびに威力が下がるため、致命傷とまではいかなかった。ここからアブソルの反撃に入る。まずはワカシャモにかまいたちをあて吹っ飛ばす。そして倒れ込み立ち上がったワカシャモにみずのはどうからのアイアンテールで勝負に決めにきた。勝負は決まったかのように思われたが、アブソルのアイアンテールに合わせるようにスカイアッパーを擦り抜き顔面を撃ち抜く。バトルはここでタイムアップになり、ポイントでわずかに上回ったワカシャモ&ゼニガメコンビの勝利となった。

ハルカのゼニガメの戦闘シーンを無料で視聴する方法

アニメ版ポケットモンスターを全シリーズ視聴できるのはAmazonプライム・ビデオだけ!

無料期間の30日間だけ利用して解約すれば、ポケモンのアニメを全話無料で見ることができます。

あなたにも好きなポケモンや忘れられないストーリーがありますよね?

この機会にあなたの思い出のあの回や、神回とも言われる感動回を見直してみませんか?

ポケモン達の姿を間近で見ることで、誰よりもポケモン愛が強くなりますよ!

まとめ

第1戦 ゼニガメ – フライゴン
第2戦 セニガメ – クロバット
第3戦 ゼニガメ – ウツドン
第4戦 ゼニガメ – アリアドス
第5戦 ゼニガメ – ハッサム
第6戦 ゼニガメ – エアームド
第7戦 ゼニガメ – ジュペッタ
第8戦 ゼニガメ&ワカシャモ – フライゴン&アブソル

通算成績:7勝1敗0分 
勝率:0.875