アニメ

【金銀編】豪火再び!竜の谷から舞い戻った最強の炎龍!サトシのリザードンの戦歴をご紹介!【アニメ】

サトシのリザードンは初代から引き続き手持ちにいるポケモンです。

初代アニメでは6勝4敗0分という成績を残しており、もしサトシの言うことを聞いていたら勝率9割越えの可能性があった化け物です。

金銀編ではサトシのいうことを聞くようになったため無敵状態だったのですが、同じリーザードンに負けてしまったことで大きな挫折を味わうことになります。そして、その挫折がリザードンを大きく成長させることになりました。

物語の途中でサトシの手持ちから離脱し、強くなって再び舞い戻ってきたリザードンは初代以上に迫力あるバトルを見せてくれます。

今回の記事では、そんなサトシのリザードンの金銀編での戦績をご紹介します。

第1戦:ポッポ(ナナコ)/勝利

第1話の熱血野球少女ナナコ戦。リザードンはポッポのたいあたりされるが、意にも介さず鼻息でふきとばして戦闘不能にした。

第2戦:コラッタ(ナナコ)/勝利

第1話の熱血野球少女ナナコ戦。リザードンはコラッタにたいあたりされるが、お腹で跳ね返して戦闘不能にした。

第3戦:チコリータ(ナナコ)/勝利

第1話の熱血野球少女ナナコ戦。リザードンはチコリータのつるのムチで首を締めらるが、苦しい身振りをすることなく低火力かえんほうしゃで頭の葉っぱをちょっとだけ燃やして戦闘不能にした。

第4戦:ピジョット(キキョウジムリーダー ハヤト)/勝利

第15話のキキョウジムリーダーハヤト戦。開戦直後お互い飛んで空中戦へ。リザードンは連続でかえんほうしゃを放つが、ピジョットはこうそくいどうを使って全て避ける。それでもかえんほうしゃで攻め続けた結果、ピジョットは炎を吹き飛ばしてリザードンに命中させた。リザードンは倒れ込んでしまい隙ができてしまったところをピジョットはつばさでうつで追い打ちしてくる。リザードンは避けようとするが翼を痛めて避けることができなかった。さらにでっこうせっかでたたみかけにきてリザードンは絶体絶命のピンチを迎える。ピジョットはでんこうせっかでとどめをさしにくるが、リザードンは根性で空を飛びまたもや空中戦に。ピジョットはこうそくいどういどうでリザードンの後ろに回りでんこうせっかを繰り返す。リザードンはどうすることもできず負けるのかと思いきや、ハヤトの攻撃がワンパターンなことに気づき、ピジョットがこうそくいどうする先にほのおのうずを放って動きを止めた。そこからピジョットを掴みちきゅうなげで地面に叩きつけて勝利した。

第5戦:ハクリュー(フスベジムリーダー イブキ)/勝利

第141話のフスベジム再戦。リザードんはかえんほうしゃで攻撃するが、ハクリューは水の中に潜ってはかいこうせんで反撃。リザードンは避けて、もう一度かえんほうしゃを放つ。ハクリューはこの攻撃も避けて、リザードンにりゅうのいかりでダメージを与えた。リザードンは地面に倒れこむも、起き上がってまたもやかえんほうしゃ。ハクリューは水中に潜ってかわして、はかいこうせんを撃つ。リザードンはこのはかいこうせんをほのおのうずで迎え撃つ。お互いの力が互角の勝負が続くが、リザードンはそれでもかえんほうしゃで攻撃を続ける。ハクリューも同じく水に潜って回避しようとするが、リザードンがここでほのおのうずを放ちステージにあるプールの水を全て蒸発させて、とうとうハクリューの姿を捉えることができた。すると、バトルの場はお互い空を飛び空中戦へ移動。

リザードンはかえんほうしゃでハクリューに攻撃。ハクリューはしんぴのまもりで攻撃を防御し、そこからアイアンテールをリザードンに直撃させるダメージを与える。そしてさらにアイアンテールで叩き込もうとするが、今度はリザードンが尻尾を掴んでちきゅうなげで投げ飛ばそうと試みた。しかし、ハクリューは掴まれながらも、りゅうのいかりで逆にリザードを叩き落とした。リザードンはかなりダメージが溜まり苦しい表情を浮かべるが、ここから本領発揮の反撃に出る。ハクリューがはかいこうせんを撃ってくるもかわしてかえんほうしゃ。ハクリューもかわしてアイアンテール。リザードンはこのアイアンテールを掴んでまたちきゅうなげに。ハクリューは先ほど同じくりゅうのいかりでリザードンを攻撃するが、リザードンはほのおのうずでりゅうのいかりを包み込み、ちきゅうなげのパワーを上昇させた。そしてその勢いのままハクリューを地面に叩きつけたところでハクリューは戦闘不能に。互いに一歩も引かなかったバトルは、リザードンの勝利でとうとう幕を閉じた。

第6戦:ハッサム(シゲル)/勝利

第156話のジョウトリーグ・シロガネ大会決勝トーナメント初戦。ハッサムははがねのつばさで突っ込んでくるが、リザードンはかえんほうしゃで迎え撃つ。ハッサムは自慢のスピードでこの攻撃を避けるが、リザードンはハッサムのスピードについていきもう一度かえんほうしゃで攻撃。炎が弱点であるハッサムはこのかえんほうしゃで戦闘不能になった。

第7戦:ゴローニャ(シゲル)/勝利

第156話のジョウトリーグ・シロガネ大会決勝トーナメント初戦。ゴローニャはマグニチュードでステージを揺らすが、リザードンはゴローニャを掴んでちきゅうなげをしようと試みる。しかしゴローニャが重すぎて、リザードンの攻撃は失敗に終わってしまった。その後ゴローニャがころがるでリザードンに突っ込んでくるが、リザードンはりゅうのいかりをゴローニャに直撃させて先頭不能にした。

第8戦:カメックス(シゲル)/勝利

第156話のジョウトリーグ・シロガネ大会決勝トーナメント初戦。リザードンはかえんほうしゃを放つが、カメックスはこうそくスピンで炎を散らして防御。逆にカメックスはハイドロポンプを直撃させ、技から逃れて向かってきたリザードンをロケットずつきで迎え撃ち連続でダメージを与える。リザードンは飛び上がって体制を立て直すが、カメックスが連続でハイドロポンプを撃ってきたため攻撃に移ることができない。しかしここでリザードンがフィールドを焼きつきにかかる。かえんほうしゃで焼き尽くされたフィールドは高熱で溶け、炎に強いカメックスでも身動きできなくなった。カメックスはハイドロポンプでフィールドを冷やすが、溶岩が急激に冷やされたことで水蒸気が大量に発生してフィールドが見えなくなってしまった。そして水蒸気がなくなったフィールドの先にはリザードンとカメックスが互いに手を掴み取っ組み合う姿が。勝負は接近戦になり、至近距離からリザードンはりゅうのいかりを放った。カメックスは甲羅に潜り込み回避するが、リザードンは甲羅を掴み上げてちきゅうなげの体制に。カメックスはかみつくで対抗するが、リザードンはそのまま思いっきり地面に叩きつけた。それでもカメックスは立ち上がりリザードンをにらみつけてバトルは続くと思われたが、戦う体力が残っておらずその場に倒れ込み戦闘不能になった。

第9戦:バシャーモ(ジュンイチ)/敗北

第158話のジョウトリーグ・シロガネ大会決勝トーナメント2回戦。ほのお対ほのおのバトルは,いきなりかえんほうしゃのパワー勝負に。お互いパワーは互角だったが、リザードンはもう一度かえんほうしゃを放つ。しかしバシャーモはジャンプで介した。リザードンは今度はりゅうのいかりを放つ。バシャーモはこれをかわして、でんこうせっかで攻めてくる。リザードンは空に飛んで回避するが、バシャーモはかえんほうしゃで追い打ちしてくる。リザードンはかえんほうしゃをかわして、負けじとかえんほうしゃを放つ。バシャーモも負けじとかえんほうしゃを放ち、互いに一方譲らないバトルが続いた。そんな均衡状態が続く中、バシャーモのでんこうせっかとほのおのパンチのコンボがリザードにHit。リザードンは攻撃をくらいつつもかえんほうしゃで反撃。そしてバシャーモは再度でんこうせっかをくらわせるも、リザードンはシッポを相手に叩きつけて攻撃し、そのままちきゅうなげの体制に入って地面に叩きつけた。バシャーモがかなりダメージを負って地面に倒れこんだため勝負は着いたと思われた。だが審判戦闘不能ギリギリの判断で立ち上がりバトルは続行される。ボロボロになりながらもバシャーモはでんこうせっかで攻撃。リザードンはかえんほうしゃで反撃し、またもやちきゅうなげを試みる。バシャーモは攻撃をかわして、ここではじめて使用するブレイズキックでリザードンを吹っ飛ばす。そしてとどめのかえんほうしゃを放つが、リザードンも負けじと最大パワーのりゅうのいかりで攻撃。2匹の激突して凄まじい爆発を引き起こした。バシャーモとリザードンは互いにダウンし、どちらも立ち上がれるかわからない状況に。両者気力を振り絞ってなんとか立ち上がったが、リザードンがかえんほうしゃで攻撃しようとした瞬間蓄積したダメージに耐えきれず倒れてしまい、白熱したほのお対決はとうとう幕を閉じた。

サトシのリザードンの戦闘シーンを無料で視聴する方法

アニメ版ポケットモンスターを全シリーズ視聴できるのはAmazonプライム・ビデオだけ!

無料期間の30日間だけ利用して解約すれば、ポケモンのアニメを全話無料で見ることができます。

あなたにも好きなポケモンや忘れられないストーリーがありますよね?

この機会にあなたの思い出のあの回や、神回とも言われる感動回を見直してみませんか?

ポケモン達の姿を間近で見ることで、今よりももっと大好きになれますよ!

まとめ

第1戦 リザードン  - ポッポ
第2戦 リザードン  - コラッタ
第3戦 リザードン  - チコリータ
第4戦 リザードン  - ピジョット
第5戦 リザードン  - ハクリュー
第6戦 リザードン  - ハッサム
第7戦 リザードン  - ゴローニャ
第8戦 リザードン  - カメックス
第9戦 リザードン  - バシャーモ

通算成績:8勝1敗0分 
勝率:0.888

以上が金銀編でのサトシのリザードンの戦績になります。とうとうリザードンの本領発揮になりましたね。今回のリザードンはたった1敗しかしておらず、最強の名にふさわしい活躍をしてくれました。唯一負けた1敗も次回以降のシリーズのポケモンバシャーモ戦で、お互い勝つか負けるか紙一重の勝負でした。ちなみに冒頭でも言った通りリザードンは一度修行期間に入るためサトシの手持ちから離脱します。初代アニメで最強だと思われていたサトシのリザードンが、リザフィックバレーという場所にいるリザードン達にコテンパにやられてしまい井の中の蛙だということが発覚してしまいましたからね。でもその経験があったからこそリザードンは一段と成長して、ここまで驚異的な戦績を残すことができたんだと思います。次回のシリーズ以降もその成長した姿で敵を圧倒して無敵の姿で視聴者を魅了して欲しいですね。